オーストラリア・ニュージーランド留学のポイント


オーストラリア・ニュージーランド留学のポイント

オーストラリア・ニュージーランド留学のポイント オーストラリアは日本人に大人気の国です。恵まれた気候と自然環境を求めてオーストラリアに移住を考える日本人も居るほどです。特に大陸の東海岸は楽園のようなエリアが続き、観光地として世界中から人を集めています。
そのオーストラリア、スポーツ留学先としてはどうなのでしょうか? オーストラリアと似たような環境にあるニュージーランドも含めて、オセアニアにおけるスポーツ留学の可能性を探ります。

イギリス生まれのスポーツなら、オーストラリア留学は有効

イギリス生まれのスポーツなら、オーストラリア留学は有効 結論から言いますが、イギリス生まれのスポーツを学びたいなら、本国のイギリスよりもオーストラリアの方がいい場合もあります。ゴルフ、テニス、クリケット、ラグビー、マリンスポーツ、乗馬、全てのスポーツにおいてオーストラリアは本国のイギリスを乗り越え、世界の超大国になっています。人口で考えれば信じられない成績を残しています。
ちなみに簡単な歴史を振り返れば、イギリス人がオーストラリア大陸を発見してから、スポーツが持ち込まれました。本国と違って階級制度がほとんど存在しなかったため、スポーツが早くから市民に開放され、後にスポーツの楽園となります。
現在ではアメリカと並び競うようにスポーツ大国となっています。オリンピックでのメダル獲得数も常にトップクラスです。

スポーツアカデミーも充実

スポーツアカデミーも充実 世界的な選手を輩出するスポーツアカデミーも、オーストラリアには多数存在します。テニスやゴルフのようなメジャーなスポーツだけでなく、乗馬やポロといった競技のアカデミーも存在します。例えばシドニー郊外にあるMillamolong Stationのような乗馬スクールもあります。スカイスポーツのスクールもあります。マリンスポーツも非常に発達しています。
ラグビーに関してはオールブラックスを持つニュージーランドの方が留学先としていいかもしれませんが、サッカーと野球を除くほとんどの分野で強いオーストラリアなので、留学先としては極めて魅力的です。

渡航費などが安い点も魅力

イギリスやアメリカに行く選択肢も非常に魅力的ですが、コストが高いというデメリットがあります。その点、オーストラリアの場合、日本から安い航空チケットがあるので、渡航費を押さえられるというメリットがあります。
オーストラリアの場合は物価も比較的安いので、寮費や宿泊費、食費を押さえられます。その一方で世界一流のスポーツ環境と指導が受けられるので、日本人にとってイギリス生まれのスポーツを学ぶ場所として、最適の場所かもしれません。
ただし、イギリス生まれのサッカーに関しては、最近ようやくプロリーグができた程度です。今すぐに世界のトップで揉まれたいという人には向いていないかもしれません。