マネジメントなど裏方でのスポーツ留学


マネジメントなど裏方でのスポーツ留学

マネジメントなど裏方でのスポーツ留学 スポーツ留学と言うと、どうしてもプレーヤーの留学が頭に浮かんでしまいますが、実際はスポーツを“学ぶ”留学を行なっている人もたくさんいます。世界の一流国で学んだノウハウを日本に持ち帰り、日本のスポーツ界発展に貢献したり、そのまま一流国で働いたりする自分をイメージして、スポーツを学びに世界へ飛び出す人が居るのです。
そこで今回は、スポーツを“学ぶ”留学をする場合、どこの国へ行くべきなのかを考えたいと思います。

スポーツを学ぶならアメリカへ

スポーツを学ぶならアメリカへ 結論から先に言いますが、スポーツを学びたいと思ったらアメリカが最適です。その理由は簡単で、あらゆるスポーツをビジネスにまで引っ張り上げ、運営するノウハウが詰まっているからです。
アメリカンフットボールにせよ、アイスホッケーにせよ、バスケットボールにせよ、野球にせよ、ボクシングにせよ、F1にせよ、何でもアメリカはスポーツを一流のショービジネスに仕立て上げる技術が優れています。
マスメディアとスポーツを連携させ、スポンサーを募り巨大なお金を集め、さらにそのお金を選手育成に分配するノウハウが完全に出来上がっているのです。実際、スポーツマネジメントを学べる大学、大学院もかなり充実しており、

など、掲載しきれないほどの大学・大学院でスポーツのマネジメント、裏方的な理論や技術が教授されています。

Physical Education、Exercise Science、Sports Management

など科目もいろいろと用意されており、それぞれの大学で徹底的に学べます。またその手の大学はスポーツチームも充実しており、選手兼マネージャーとしても留学可能です。

セラピーを学べるカレッジもあり

セラピーを学べるカレッジもあり 大学だけではありません。日本で言う専門学校に相当する場所で、スポーツセラピストを学ぶ選択肢もあります。例えば、

The Raworth Centre International College

のように、世界各国から生徒が集まる場所もあります。単にスポーツ選手の体をメンテナンスするだけでなく、現代社会人が健康的な生活を送れるようにするためのフィットネスを極めるコースもあります。
いろいろな知識を頭に入れれば、その後のキャリアアップにもつなげられます。日本で学ぶ方法もありますが、アメリカで学べば交友関係も世界に広がり、英語もブラッシュアップできるので、後のキャリア形成に非常に有利です。スポーツの裏方的な勉強をしたいなら、アメリカで決まりです。