モータースポーツでの留学


モータースポーツでの留学

モータースポーツでの留学 モータースポーツは近年、日本でも非常に人気になってきました。特にF1に関してはテレビ中継もされるようになり、有名男性タレントがレーサーのまねをして番組を作るほどになっています。 それでも日本の選手やモータースポーツの文化が世界標準に達しているかといえば、まだまだだと言わざるを得ません。実際、モータースポーツ発祥の地と呼ばれるイギリスと比較すれば、その差は歴然です。その現状を踏まえた上で今回は、モータースポーツの世界で留学をする際に、どこの国へ行くべきかを考えたいと思います。

モータースポーツで留学をしたいなら断然、イギリス

モータースポーツで留学をしたいなら断然、イギリス イギリス発祥のスポーツは多いですが、モータースポーツもイギリスで生まれたと言われています。テニスのようにフランスで誕生し、そのオリジナルを現在のモータースポーツの世界まで引っ張り上げたという意味合いで発祥の地なのですが、実際問題イギリスのモータースポーツのレベルは世界トップクラスです。
イギリスの影響をもろに受けながら発展したオーストラリアやアメリカでも近年、モータースポーツは本国を超えるくらいの勢いで育ってきていますが、やはりモータースポーツで留学をしたいと思うのならば、イギリスがお勧めです。

世界的に知名度の高いアカデミー、The Jim Russell Racing Drivers School

世界的に知名度の高いアカデミー、The Jim Russell Racing Drivers School モータースポーツの学校として真っ先に名前が挙がる場所と言えば、The Jim Russell Racing Drivers Schoolです。F1ヨーロッパグランプリの開催地に立地しながら、現在進行形で世界的なドライバーを次々と輩出している名門中の名門です。
先輩にあたる日本人留学生も非常に多く、南アフリカ、イスラエル、スウェーデンなど世界各国から生徒が集まっています。特にモータースポーツで近年力を付けているアメリカやオーストラリアの若者たちも集まる名門校です。
学校の側も世界から人を受け入れるだけの環境を整えています。留学先としては最有力候補になります。

英語力不要、自動車免許さえあれば入学可能

The Jim Russell Racing Drivers Schoolに入学するため必要な要素は、情熱だけです。英語力も不要ですし、普通自動車免許を持っていれば誰でも入学できます。
しかも、普通免許を持てない年齢の子どもから、70代の高齢者も通うスクールです。まさに国籍、年齢を取っ払った、ドライビングを愛する全ての人が集まる学校になっています。

F1で一番上の表彰台に立つ日本人を見たい

これからモータースポーツの世界で留学を考えている皆さん、トップレベルの環境に身を置いて、将来的にはF1で表彰台のトップに立ってください。日本人のモータースポーツ熱をさらに高めるためには、日本人のF1チャンピオンが必要です。頑張ってください。