マネージャーとしての帰国後の進路は?


マネージャーとしての帰国後の進路は?

マネージャーとしての帰国後の進路は? マネージャーやセラピスト、スポーツトレーニング理論など、スポーツを学問として学んできた人も、いつかは帰国しなければなりません。もちろんそのまま留学先の現地で就職をする手もありますが、スポーツ後進国の日本に帰ってきて仕事をすれば、パイオニアとして活躍できる可能性もあります。
そこで今回は、実際にどのような活躍の場所が日本にはあるのか、スポーツを学びに留学した人の帰国後の進路を考えます。

仕事はいろいろとある

仕事はいろいろとある 結論から言いますが、海外でスポーツマネジメントなどを勉強してきた人の将来は非常に明るいです。日本には活躍の場所がいろいろとありますし、特にアメリカの大学でスポーツを学び、卒業をして学士、修士になった人は活躍の場所がいろいろとあります。具体的には、

  • 1、 プロスポーツチームの運営
  • 2、 実業団のチーム運営
  • 3、 日本の大学スポーツチームの運営

などいろいろです。特に海外の大学を出るほどの英語力があれば、大手スポーツメーカーなどへの就職も視野に入ってきます。個人選手のマネージャーのような仕事もあります。活躍の場所は本当に多いので、大胆に就職活動を展開してください。

スポーツ選手のマネージャー募集の求人例

試みにプロ野球選手やプロテニスプレーヤーのマネージャーを采配する人材紹介会社の求人をチェックしてみます。

雇用形態正社員
募集職種プロ野球選手、女子テニスプレイヤーのマネージャー
仕事内容プロスポーツ選手のマネージャー、選手ホームページの管理、運営、スケジュール管理、チケット、遠征宿泊先手配、国内クライアントの海外イベントサポート、社内事務
応募条件PCスキル、社会人経験有り、英語力(TOEIC700点以上)
年収240万円から480万円
勤務時間9時から17時
休日土日祝祭日

スポーツ選手のマネージャー募集の求人例 確かに年収はそれほど高くはないですが、もっといい条件の仕事はたくさんあります。留学を本格的にしてきた人材は英語に優れているため、選手の通訳などの仕事もあります。例えばプロ野球チームが選手通訳を募集する場合もあるので、チームの公式サイトは常にチェックしなければなりません。
英語力とスポーツマネジメント能力があれば、就職先には困りません。むしろスポーツマネジメントの世界で優れた能力を持っている人材を各プロチームが本格的に欲しているほどです。日本のプロスポーツチームでも人材ニーズがあるので、強気で就職活動に挑んでください。