留学期間はどれくらい?


留学期間はどれくらい?

留学期間はどれくらい? スポーツ留学というと長期的な期間をイメージする人が多いと思いますが、実際は皆さんどのくらいの期間、スポーツ留学に出ているのでしょうか? もちろん一概には言えない部分がありますし、競技や目的によっても期間は異なるはずですが、いずれにせよ今回は参考になりそうな期間を考えてみたいと思います。

半日から3年ほど

半日から3年ほど スポーツ留学の期間を割り出す際は、まず最短と最長を考えるといいです。その中間点を探れば、おのずと平均値が割り出せるはずです。ちなみに最短のスポーツ留学は移動の期間を除くと3時間ほどのコースがあります。
例えばビジネスツールの1つであるゴルフと英語力を同時に磨くために、3時間のゴルフレッスンコースに海外から参加するビジネスマンも存在します。出張のついでにゴルフコースに参加したり、旅行のついでに参加したり、いろいろなケースが考えられます。
いずれにせよ3時間でも世界の一流ゴルフアカデミーに参加してレッスンを受けるのですから、立派なスポーツ留学になります。
一方で最長は3年から4年になります。それ以上となると留学というよりも移住というイメージが強くなるので、現地の大学を卒業する4年間ほどが最長のスポーツ留学といえそうです。
仮にバスケットボールの選手を目指してアメリカの大学に入学すれば、4年間は勉学とスポーツに打ち込む形になります。大学リーグで活躍が認められてプロに入れば、その後はもう留学でなく選手生活になるので、留学は終わりです。

1年ほどが最多

1年ほどが最多 以上のような留学期間を考えると、やはりスポーツ留学の平均は1年前後と言えるかもしれません。ゴルフや乗馬、テニスやスキーなど世界的に名門と呼ばれるスポーツアカデミーでも、最長で1年ちょっとのコースがほとんどです。その他の大部分のコースは1年以下となっています。
学費の平均は一概には言えませんし、為替の変動で大きく上下しますが、1年で100万円あれば多くの場合、レッスンが受講できます。その他に生活費や渡航費、現地でのおこづかいが必要になってきますが、頑張れば用意できる金額です。
将来的に一流のスポーツ選手、一流のチームマネージャーになれば収入も大きく上がるので、最終的には留学費用も回収できます。万が一スポーツ選手になれなくても、留学で鍛えた語学力や経験が武器となり、必ず何らかの関連した仕事は見つかります。無駄に終わる危険性は海外留学の場合ほとんどないので、思い切って飛び込んでください。