あなたのスポーツ留学は何のため?


あなたのスポーツ留学は何のため?

あなたのスポーツ留学は何のため? スポーツ留学と言っても、選手として留学を計画している人も存在しますし、逆にトレーナーなど裏方の勉強を目的として留学を計画している人も存在します。
同じ選手として留学するにしても、日本での活躍が認められた結果、招かれて留学をする人もいれば、自費で乗り込む形もあります。将来的にプロを目指さない人すら存在します。あなたはスポーツ留学を何のためにするのでしょうか? 準備に先立って、動機や最終的な目的、何を留学で勝ち取りたいのかをはっきりさせておく必要があります。

動機や目的をはっきりさせないと、スポーツ留学は失敗する

動機や目的をはっきりさせないと、スポーツ留学は失敗する 仮に米国の大学に入ってアメリカンフットボールをすると決めていたとします。しかし、アメリカンフットボールの選手として将来プロになりたいと考えているのか、それともスポーツ科学を一緒に学んで、米国大学の学歴も欲しいと思っているのか、動機や目的が違ってくれば当然、進路も変わってきます。
例えば米国のユニバーシティー(総合大学)のアメリカンフットボール部は、スポーツ推薦で集まった一流の同世代が集います。卒業後はプロの道が約束されているような一流選手ばかりが集まるので、米国で本気でアメフト選手になりたいと考えるのならば進学先としてかなり有力な選択肢になります。
しかし、アメリカンフットボールの選手を本格的に目指しているのに、留学実績だけを優先して、学力の低い(日本人も入りやすい)小規模の私立大学に入ってしまえば、弱小のチームに身を置く結果になり、大きな大会で活躍できずに終わる可能性が高いのです。
アメリカに留学したのにもかかわらず、入学した大学よりも日本の立命館大学の方が強かったというケースすらあります。

動機や目的を最優先し、その動機や目的が叶わない選択肢は切り捨てる

動機や目的を最優先し、その動機や目的が叶わない選択肢は切り捨てる もちろん米国のユニバーシティー(総合大学)に進学するとなると、相当な学力が必要になります。総合大学に入ったとしても一日中アメリカンフットボールができるわけではありません。学問もスポーツ以上に頑張らないと大学から放り出されてしまいます。かといって勉強面でついていけないからといってリベラルアーツカレッジまで学校のランクを落とすと、今度は本題であるアメリカンフットボールのレベルが下がります。
高校生時代に日本で目覚しい活躍を見せ、アメリカでもプロになれると確信した上でスポーツ留学を考えているのならば、米国のユニバーシティーに入った方が夢に直結します。しかし、学力の問題からユニバーシティーには入れないというのならば、日本のアメリカンフットボール強豪大学に入るという選択肢の方が、夢に近付ける可能性が高いのです。
留学を意識し始めると留学ありきの選択肢しか見えてこなくなりますが、現在の日本なら各スポーツの環境がかなり整っています。選手を目指す上で、無理して米国に留学する必要などありません。
動機や最終的な目標を常に頭に置いて、さまざまな選択肢を検討してください。